おおさからんま こうげい きょうどうくみあい
大阪欄間工芸協同組合
Osaka Ranma Craft Cooperative

TEL 072-646-8470

住まいが生きる伝統的工芸品 大阪欄間

欄間の種類

ひとくちに欄間といっても、これだけの種類があります。
彫 刻 欄 間
杢目の美しい材料を使用して、様々な図柄を立体的に浮かび上がらせます。
華麗にして重厚なその仕上がりは、欄間の横綱格。
たっぷりと、手間・ひま をかけて彫り上げます。



透 彫 欄 間
杉・桐などの比較的薄めの板に、図柄を彫りぬいた
欄間です。
どちらかというと粋な印象から、小空間にもよく使われます。
「透かし彫り」または「陰彫り」とも呼ばれます。


筬 欄 間
1分3厘(約4mm)前後の杉・桐・桧などの材を
タテに組み(オサの部分)これを玉縁におさめ、
外周に桐板などを巻いて仕上げます。
繊細なイメージの欄間です。



筬 欄 間
1分3厘(約4mm)前後の杉・桐・桧などの材を
タテに組み(オサの部分)これを玉縁におさめ、
外周に桐板などを巻いて仕上げます。
繊細なイメージの欄間です。



埋 込 欄 間
桐・杉などの板をベースに、屋久杉・神代杉など、色調や質感の違う別の材によって扇面・雪輪・花輪などの中に
彫刻した図柄を点在させ埋め込んだもの。
象嵌彫刻とも言われます。


書 院 欄 間
床の間の横にある上下の障子の上の
部分に入る欄間です。
玉縁を漆塗りで仕上げた香玉型・
彫刻・透かし彫りなど様々な形があります。
廊下側に障子やガラスが入ります。


組 子 欄 間
細い材を三方向から組むことによって、さまざまな幾何学模様を作り出す欄間です。
書院欄間としてもよく使われます。
節 抜 欄 間
竹の節の断面を活かした欄間。
竹を基本に寄せて、これらを切り板にはめ込みます。




節 抜 欄 間
竹の節の断面を活かした欄間。
竹を基本に寄せて、これらを切り板にはめ込みます。




組合事業のご紹介

組合は「共同受注事業」「体験授業」「PR事業」を行っています

共同受注事業

共同受注事業
お客様からご依頼いただいた製品を納めさせて頂く事業です。

下記、官公庁ほか施主様からご依頼を受け納めさせていただいております。
お気軽にお問い合わせください。

osakaranma@gmail.com
TEL・FAX  072-646-8470
大阪欄間工芸協同組合


【主なご依頼事例】

●APEC大阪会議 
 各国首脳へのお土産

第52回国民体育大会「なみはや国体」
 贈呈用記念品

●第33回全国身体障害者スポーツ大会「ふれあいピック大阪」
 参加者記念品

●大相撲春場所(大阪場所)
 大阪市長賞

●大阪市長表彰「水都大阪」
 記念品
 
●スターバックスコーヒー あべのHOOP店
 筬欄間

●G20(主要国首脳会議)OSAKA 
 ロシア大統領へのお土産  

APEC (アジア太平洋経済協力会議)

1995年11月に開催されたAPEC大阪会議

出席した太平洋地域の各国首脳に、日本の象徴するお土産品として「大阪欄間」が贈られました。
図柄はAPEC会議か開かれる迎賓館をモデルとして彫刻額に仕上げたもので、通商産業省指定の伝統的工芸品としての技術・技法が存分に発揮された自信作です。

APEC大阪会議参加国:インドネシア・オーストラリア・カナダ・シンガポール・タイ・チャイニーズタイペイ・チリ・ニュージーランド・パプアニューギニア・フィリピン・ブルネイ・マレイシア・メキシコ・韓国・中国・香港・米国・日本

スターバックスコーヒー あべのHOOP店

2011年7月にリニューアルオープンしたあべのHOOP店(大阪市阿倍野区)に「大阪欄間」が意匠として使用されました。
地域連携を深めるためにも歴史の深い伝統的工芸品である
「大阪欄間」に注目し、地元の伝統工芸を店舗設計に生かすことで地域に根付いた店づくりを目指したスターバックスコーヒー。
採用された欄間は「筬欄間」 美しい格子状の意匠である。
材料は神代杉を用い、後ろに照明を配置することにより、室内の
広がりを表現している。

体験事業

体験事業

職人が、ご依頼場所に出向き体験指導させていただきます。

=児童教育事業=

小学4年生以上を対象に欄間の歴史・工程・職人による実演・体験指導をさせていただきます。


=一般体験事業=

ミニらんまや便利板など数種類のデザインから好みのデザインを選んでいただき、体験していただきます。


PR事業

展示・販売

イベント会場などで「大阪欄間」の普及活動を行っています。

常設展示販売場所

干支の透かし彫刻額・大阪城透かし額 等
伝統的工芸品「大阪欄間」の製品を「大阪城天守閣売店」で販売させていただいております。

組合概要


大阪欄間工芸協同組合
住所 大阪府摂津市鳥飼野々1丁目27番24号
    木下らんま店内
電話番号 072-646-8470
理事長 木下文男
設立 1975年 2月
通商産業大臣指定
(現・経済産業大臣)
1975年 9月
大阪府知事指定
 (大阪の伝統工芸品)
1985年 7月
商標登録 2006年 7月
地域団体商標登録 2006年 11月
設立 1975年 2月